3月26日土曜の昼下がり、所属してるクラシックギター合奏団で初コンサートを開催しました。合奏団として結成して10年以上、わたしが所属して4年強になるのだけど、コンサートをするのははじめて。これまでステージで続けて弾いたのってせいぜい2曲だったのが、一気に難曲含め7曲も弾くなんて、、、

ほんまにできんの??

開催が決まった半年前から、習いごととしてはかなり熱を入れて、緊張感をもって練習してきた。そもそも日曜午後の練習に働きざかり世代のメンバー全員が揃うことなんてそうそうないんだけど、出席率も高めキープでした。

IMG_1200

IMG_1239

IMG_1379

IMG_1248

IMG_0032

 

指導してくれてるプロギタリストでもある先生が折に触れて言うのだけど、「みんなで音楽をできるって幸せなことなんやで」って。

たしかにこの世代で音楽を習ってることも、ひとりでじゃなく大勢で合わせることも、しかもそれがクラシックギターでってなるとなかなかない機会だよね。所属メンバーのギター歴も腕前もかなり幅があるんだけど、みんなで合わすとなると目立つべきところ控えるべきところ、それぞれの役割を踏まえて弾くおもしろさがあって、そういうのはソロでは味わえないところ。

いつもより多めに練習して、ほんまにできんの?って思ってたことをなんとかやりきり、友達も聴きに来てくれてたから演奏後の高揚感もなおさらでした。

*****************************
弾いた曲:

版画組曲よりNo.1, 2, 6/トローバ
カノン/パッフェルベル
くるみ割り人形より「花のワルツ」/チャイコフスキー
3つの日本古謡
春よ、来い/松任谷由実
カルメン組曲より「ジプシーの踊り」/G・ビゼー
リベルタンゴ/A・ピアソラ
*****************************

アンコールは「ボッケリーニの弦楽5重奏」でしめくくって♪

さて次は、5月末にソロでバッハ「無伴奏チェロ組曲プレリュード」を弾くことが決まってます。ステージ初バッハ。こんな感じで数ヶ月ごとに着々と大きなイベントが埋まっていくギターライフ、健やかに続いてます。